開発

システム開発

近年のシステム開発では開発スピードを要求されることが多くありますが、それに伴う質の低下も問題視されています。このような状況において、ProCではスピードと同等以上に質にこだわったシステム開発を行っています。システムの欠陥を起因とする操作性の低下や誤動作、インシデントの発生などに質で対応し、顧客満足を向上していきたいと考えています。


規模や分野に関わらず、より良いシステムを実現するために尽力いたしますので、品質を重視したシステムをご検討の際は気軽にお問い合わせ下さい。
また、貴社の業務を十分に理解させていただき、繰り返しご用命いただけるデベロッパーを目指してまいりますので、システム開発のパートナーをお探しの場合はProCをご検討いただければ幸いです。

ビジネスコンセプト

QCDの向上に加え、さらにシステムの質を高める開発を目指します。

広義ではQCDのQ(Quality)はシステム自身の質に限らず、スケジュール管理や作成文書など開発活動に含まれる全てを指します。これらのQを高めることは大前提とし、よりシステムの質を高めるQCD.Qにより、顧客満足を追求することがコンセプトです。


なお、ProCではシステムの質を機能要件(機能そのもの)と非機能要件(機能以外の性能や拡張性など)どちらも対象としており、「長く使うほど満足していただけるシステム作り」をスローガンとして、質で顧客満足を追求してまいります。

特徴

ビジネスコンセプトを実現して、お客様に良質なシステムを提供するためには、相応の強みが必要です。ProCは確かな技術、柔軟な対応、安心の開発体制の3つを強みとしており、技術と対応については事業者の経験から培われたものです。

前職では比較的開発が難しいとされる分野で技術の基礎を固め、フリーエンジニアに転身後は多くの環境で技術の応用力と開発の対応力を磨いてきました。


体制について、ProCではエンジニア同士でネットワークを築き、主に技術面でリアルタイムにフォローし合える環境を構築しています。このネットワークで得た集合知による恩恵を開発に反映することがあり、強みとなっています。


これら3つの強みを活かして良質なシステムを提供できることがProCの特徴です。